N95マスクの着用でインフルエンザ陰性へ

 N95マスクはインフルエンザウィルスの侵入もブロックできるほど高性能のマスクで、サージカルマスクに分類されています。サージカルマスクとは、感染予防の目的にかなうような、極めて高性能なマスクのことです。0.1ミクロンのウイルスの侵入も阻止できるため、インフルエンザ予防効果が期待されます。このマスクを正しく装着していれば、インフルエンザの発症率が1/5程度に減らせるという報告もなされています。ただ、マスクの表面からの侵入は防げても、顔面にぴったりフィットするよう装着しないと、隙間からウィルスが侵入してきます。マスクを装着したら、両手のひらでマスク全体を覆って、息を吐いて脇に隙間ができていないかチェックすることが大事です。装着中は息苦しさもあるでしょうが、これでインフルエンザ陰性でいられるなら、妥協することも大事でしょう。インフルエンザの流行時期に、人混みの中に出なくてはならない場合は、無防備でいたら、いったんはインフルエンザにかかることも覚悟しなくてはなりません。感染したら、あとは自分の免疫力頼みです。予防接種を受けていても、鼻や喉からの感染は防げません。血液中に入り込んだウィルスには対抗できますので、重症化は防ぎやすくなりますが。鼻や喉はマスクでブロックすることです。
 また、流行シーズンは空気が乾燥していますので、マスクの装着により、吸入する空気が加湿され、鼻や喉の粘膜を乾燥させずに済みます。インフルエンザウィルスは、鼻や喉の粘膜から侵入します。鼻や喉の粘膜は乾燥に弱く、渇くと傷つきやすくなります。その傷からウィルスは侵入します。この季節に、鼻や喉の保湿をすることは非常に大事です。
 

ページの先頭へ戻る