• 職場でインフルエンザを発症した場合の注意点

    2017年5月26日

    インフルエンザを発症した場合、学校と職場では扱いが異なるため注意が必要です。 学校に通っている児童や生徒がインフルエンザウイルスに感染した場合は、発症してから5日間のほか、解熱後2日間、幼児であれば解熱後3日間について出席停止となることが法律で定められています。解熱後の出席停止は、インフルエンザウイ...

    記事の続きを読む