インフルエンザの危険性

インフルエンザの危険性については、誰しもがかかり得る可能性があると言う点で言えば、とても高いものがあると言えます。特に流行シーズンにおいては爆発的感染が予想されるため、自分で感染予防に努めることが必要です。また数年ごとに、それまでの抗体が効かない新種のウイルスが誕生していると言うのも、インフルエンザの危険な点のひとつです。これはいわゆる新型インフルエンザと呼ばれるもので、これは感染経路などは普通のインフルエンザと変わりないものの、それまでに開発されているワクチンなどが効かないため、症状が重度化しやすいと言う危険をはらんでいます。そのため爆発的に感染すると多くの人の命の危機を招く事態にもなりかねないものです。一方、通常のインフルエンザであれば、命が危険に陥るような状態になることはほとんどないと言われています。ただし乳幼児と高齢者には注意が必要です。これは、そうした人はウイルスに対する抵抗力である免疫力が弱く、また体力も不十分であることが多いためです。そのため季節性のインフルエンザであっても、症状が重度化しやすく、命の危機に直結することもあると言う具合です。インフルエンザ潜伏期間は、とても短いですが感染期間になったら周りの人間にうつさないように咳などもエチケットを守ってください。乳幼児や高齢者などは体力が低く、一緒に生活をしている場合は注意してください。乳幼児の場合は発熱による脳症や痙攣、ウイルスによる中耳炎などが起こる可能性が挙げられます。高齢者の場合は、何よりも肺炎の発症に気をつける必要があります。また体の衰弱により、持病が悪化して命の危機につながる可能性があることも覚えておかなければいけません。ですがインフルエンザの危険性には、ごく初歩的なことで対処することが可能です。これは新型インフルエンザであっても同様で、要は感染経路を断ちさえすればウイルスに感染する機会はぐっと減らすことができます。また日頃から生活習慣や食事などに気をつけ、体力や免疫力を整えておくのも有効なことです。

■治療はもちろん予防にも効果のあるタミフル!
タミフル
■インフルエンザ治療薬と言えばコチラ!
リレンザ

ページの先頭へ戻る